/* adobe用確認コード */

様々な刈払機(草刈機)の比較と選び方

畑を無事借りる事ができましたが、まずは雑草の刈り込みが必要です。

でも、私の持っている刈払機(草刈機)は、100V電源の物だけ・・

リョービの100V刈払機AK-3000

庭の雑草用で、なるべく静かな物が欲しくてこれを使ってきましたが、さすがに家から離れた場所では電源がありません。

そこで、刈払機を新しく購入する為に、色々と調べてみました。

どんな種類の刈払機にするか

まずは、刈払機は大別すると4種類に分けられます。

  • 2サイクルエンジン刈払機
  • 4サイクルエンジン刈払機
  • 充電式刈払機
  • 100V式刈払機

それぞれ利点・欠点があり、どんな目的で使うかによって選べばよいでしょう。

それではひとつずつ、簡単に解説します。

2サイクルエンジン刈払機

2サイクルという構造のエンジンで刃を回す、 もっともメジャーで昔からある刈払機です。

山あいで高い音と白煙を上げて作業している方がいれば、だいたいこれですね。

2サイクルエンジン式のメリット・デメリットは以下の通り。

<メリット>

  • 構造が4サイクルより単純
  • その分軽くて安い
  • その分修理しやすい
  • 燃料さえあれば、広い面積を作業できる

<デメリット>

  • 排気ガスが割と臭い
  • 騒音と振動が大きめ
  • 燃費が悪い
  • 燃料の用意が容易でない(ガソリンとエンジンオイルを所定の割合で混合する)

4サイクルエンジン刈払機

4サイクルエンジンを搭載した刈払機です。

4サイクルとは自動車で使っている方式で、近年の刈払機でも使われる事が増えているようです。

メリット・デメリットは、ほぼ2サイクルの真逆です。

<メリット>

  • 2サイクルに比べて静かで振動も少なめ
  • レギュラーガソリンで動く為、面倒なオイル混合がいらない
  • 燃費がいい
  • 燃料さえあれば、広い面積を作業できる

<デメリット>

  • 構造が2サイクルより複雑
  • その分重くて高い
  • その分修理が手間

同じ排気量で、少しでも安く使いたいなら2サイクル。

騒音を抑えたいとか、使う頻度が少ないなら4サイクルを選ぶといいでしょう。

充電式刈払機

エンジンを搭載せず、電気とモーターで刃を回すタイプです。

充電池の性能向上に伴って、一気に普及してきた気がします(2019年現在)

ちょうど今年のノーベル賞でリチウムイオン電池がクローズアップされ、話題にもなりましたね。

充電式で有名なのはマキタ製で、草刈正雄さんのCMがインパクト大でした。

エンジン式では構造上どうにもならない欠点を完全にカバー。

一般家庭に刈払機を大きく普及させた方式でしょう。

でも、もちろん逆の弱点もあります。

<メリット>

  • エンジン音が無いので、非常に静か
  • 燃料が不要で、使い始めるまでの準備が非常に簡単
  • 残った燃料を気にする必要が無く、保管が楽
  • 軽い

<デメリット>

  • パワーが割と弱い(特に電圧が低いと顕著)
  • 長時間の作業に不向き(交換用バッテリーがあっても、モーターが熱を持つ)
  • 一度バッテリーが切れると、充電に時間がかかる
  • 故障しやすいし、修理が高額になりがち

ご家庭の庭で使う場合なんかには、これ以上無いぐらい便利な充電式。

ただ、バッテリー付きで1万円以下のも結構多いですが、電圧が10v程度と低い物がほとんど。

このレベルだと、庭の柔らかい雑草や芝生程度ぐらいにしか使えないし、作業時間も15分前後と短いので、もしイネ科の太い雑草が多いとか、広い庭などの場合には、せめて18Vの物を選ぶと良いでしょう。

マキタの36Vクラスになると、一気にパワーが上がり、エンジン式に近い感覚で使えるそうです。

マキタの電動工具も色々持っているし、正直ちょっと欲しいんですよね(こうしてマキタ沼へ・・)

100V式刈払機

充電池ではパワーが足りない・作業時間が足りない。

そんな場合には、100Vのコンセントから電源を取るタイプの刈払機もあります。

私が今まで使ってきたのがこれ。

<メリット>

  • 充電式と同じく静か
  • それなりのパワーがある
  • バッテリーや燃料切れが無い(モーターを休ませる必要はある)
  • 充電池の劣化を心配しなくてよい

<デメリット>

  • ケーブルが届く範囲でしか草が刈れない

自宅の庭で使うには良いですが、電源が確保出来ないと全く使えないという大きな弱点が・・

でも、燃料が切れる事は無いし、そこそこパワーもある割りには安価で買えます。

限定された範囲でなら、十分使えます。

どの刈払機を選ぶか

今回選ぶ基準は以下の通り

  • 自宅から離れた畑で使うのがメイン
  • ある程度パワーは欲しい(ナイロンコードも使いたい)
  • 長時間の使用も想定に
  • 予算は2万円台程(中古も有り)

以上の条件から、2サイクルの刈払機を選ぶことにしました。

ただ、すぐ壊れるような安価なやつでは無く、それなりに実績のあるメーカー・型式にはしたいと思います。

という事で、次回に続く。