/* adobe用確認コード */

玄米アミノ酸農法

ニンニクの収穫まで、あと一ヶ月ほどになりました。 この時期の生育状況がとても大事なのですが、土から上の葉だけ見るより、根の状況を見る事も大切だと思っています。 ...

土作り, 玄米アミノ酸農法

初夏も近づき、ここから梅雨までの間が畑の土壌改良をする良い機会と思います。 さて土壌改良というと、「栄養を足す」と思われる事が多いようです。 ただ、一度土壌に入 ...

2020-2021年栽培記, あめつちニンニク栽培記, 玄米アミノ酸農法

今期栽培しているニンニクは、全て暖地系ニンニクで、冬季の休眠はしません。 ただ、そうはいっても生長はほぼ止まるので、管理は基本的に春になってからで十分と思います ...

光合成, 玄米アミノ酸農法

11月下旬の今、冬至までの一ヶ月間はいよいよ日が短くなってきます。 この時期、うちの畑のように山間部だと一層光合成が出来る時間が減ってくるんですよね。 土を調整 ...

乳酸菌もみがらぼかしの作り方, 玄米アミノ酸農法

毎年恒例となった、秋の乳酸菌もみがらぼかしの仕込み。 そして、毎回少しずつ改良を重ねて、作業の改善を進めています。 これまで仕込んできた結果は、以下リンクも参照 ...

玄米アミノ酸農法

収穫の前に駄目になってしまったり、病害にかかってしまうと、やはり悲しいです。 ただ、それらにも当然原因がある訳で、その原因がしっかりとわかっていれば、対応・対策 ...

玄米アミノ酸米ぬかぼかし, 玄米アミノ酸農法

普段畑に投入しているのは、籾殻を好気性発酵した乳酸菌もみがらぼかし。 土の微生物性・物性・排水性を改善してくれる、最高のぼかし肥料だと思っています。 乳酸菌もみ ...

光合成, 玄米アミノ酸農法

2020年の梅雨、驚くほど雨が続きますね。 ただ、この傾向は年々強まっている感じはありますから、今後もこうなることを最初から想定した作物と圃場管理が必要かもしれ ...

玄米アミノ酸農法

2020年の梅雨は、太陽の姿がほとんど見えないばかりでなく、非常に長く強い大雨が止む気配すら無い状況です。 この傾向は年々強まっており、梅雨時期に日本全体で広域 ...

乳酸菌もみがらぼかしの作り方, 玄米アミノ酸農法

これまでは毎年、春と秋に乳酸菌もみがらぼかしを作ってきました。 乳酸菌もみがらぼかしの作り方 理由は、秋は籾殻が入手しやすく、春も気温が安定していて作りやすいか ...