新しい畑の土作り(1)_深耕する

2019年10月30日

新しく畑を借りる事ができたので、こちらも土作りを進めていくとします。

畑の土壌改良をするにあたり、色々な資材を入れるのが一般的ですね。

しかし、資材によっては過剰害の方が恐ろしく悪影響を及ぼすので、なるべく資材によらない改善も必要です。

そこで有用なのが深耕。

普段は日にも当たらない、酸素も供給されにくい深い層へ酸素を送ってやる事で、様々な好影響があります。

  1. 酸素が増える事で、好気性微生物が活発になる
  2. 好気性微生物が、土中の有効成分を植物に使いやすい形へと変換してくれる
  3. 硬い層(硬盤層)が排水をさまたげている場合、それを砕いて排水性向上
  4. 排水性が上がる事で、水の滞留を防ぎ、嫌気性に傾かない(上記1に影響する)

では、どのように深耕するか・・・です

トラクターで深耕する

大規模・大面積であればこれが順当ですね。

アタッチメントは深耕ローターリーもありますが、排水性の改善にはもっと深くを深耕できる、サブソイラの方が効果的と教わりました。

サブソイラの爪の数によって必要な馬力は異なりますが、1本でも25馬力程度は必要となるようです。

本数が多いほど作業は早いですが、2・3本となると50馬力以上必要となり、小規模栽培では厳しい投資ですね。

人力で掘る

当初、頑張って鍬とスコップを使って掘っていました。

でも、50cmはほんとうに大変・・

鍬とスコップで深耕

土が柔らかければ楽かもしれませんが、何にせよ狭い土地だからやれる事でしょうね。

もうやりません(笑)

土起こし器を使う

土起こし器という便利な道具があるのを、最近知りました。

形状はでかいフォークですね。

土に深く刺して、テコの原理で土を押し上げる道具です。

今回購入したのはこれ。

土おこし器自体は色々な商品が出ていますが、なるべく深く深耕したい為、刃が長くて頑丈そうな物を選びました。

この商品で刃の長さは40cm。これ以上は探してもほぼ無かったです。

また、深いところまで起こすのであれば、やはり強度も大事でしょう。

その点これは鍛造品。鋼を叩いて成形しているので、強度的にはかなり高いはずです。

で、使い勝手はというと・・・
もっと早く知りたかったと、正直思っています^^;

使い方・使い勝手は次回!