エアコンの化粧カバーを自分で取り付けてみる(後編)

2019年5月28日

前編・中編で、壁貫通穴とホースの横ラインまでは、化粧カバーの取付完了です。

 |参考記事:エアコンの化粧カバーを自分で取り付けてみる(前編)

 |参考記事:エアコンの化粧カバーを自分で取り付けてみる(中編)

ここからは、90度コーナーの曲げ部分と、縦部分をカバーしていきます。

コーナー部のカバー取付

本来、プロがやる場合は90度でホースをしっかり曲げて、専用のカバーを取り付けます。

使う部材はこれ。

ただしエアコン用ホースは銅管を使っており、手で簡単に曲がるような代物ではありません。

本来は銅管を曲げる道具があり、きっちり90度にしてからカバーをするのですが、すでになんとなーくの角度で曲げられてしまってるので、90度コーナー用カバーは使えません。

という事で、自在に曲がるフレキシブルなカバーを選びます。

ただし、このカバーは後施工では取付不可能です。本来はホースを中に通してから施工するので。

仕方ないので、カバーを縦に切ります。ちょうど切れ目が入っているので、ハサミでもカッターでも、簡単に切れます。

切れたら、カバーを広げるようにして中にホースを通していき、端っこを先に付けたカバーの中に入れ込みます。

このフリーコーナーは、かなり自由に曲がるので、無理なく角度を付けていけます。

ちょっとねじれていますが、縦のカバーも付ければキレイに収まるでしょうから、そのまま進めていきます。

末端部の処理

これもタッピングビスで固定していきます。残りのホースがだいぶ短くなってきたので、ずらすのも大変・・・

そして、カバーの最後は専用の部材で末端処理します。

中のホースに合わせて切る仕様なんでしょうかね?そのままでは閉まらなかったので、少し先をカットしています。

これで、全部の化粧カバーを付け終わりました!

化粧カバーのDIY・完成!

完成後の写真がこちら。

フリーコーナー部分が少し浮いてますが、これはまた後で固定方法を考えるとしましょう。

最初のテープぐるぐる巻き状態よりかは、だいぶマシになったと思います。

材料費としては、だいたい2000円ほど。

プロに頼むと、相場は1万円ほどするようですから、結果的にはラッキーだったと思う事にしました(^^)

ついでに、エアコンの室外機周りでも気になっていた事があったので、色々手直しをしていますが、それはまた別の機会にアップします。