土の性質第四回目は、”砂丘未熟土”について。

その名の通り砂で、いわゆる畑の土のイメージでは無いですね。

未熟と付くのは、風化しきっていないから。

以前紹介した、赤黄色土は風化して粘土のような土ですが、砂はもう少し大きな粒の集まりです。

砂丘未熟土の特徴
  • 水持ちが悪い
  • 肥料持ちが悪い
  • 風の強い土地が多い
  • 機械を入れると土が圧縮しやすい

うーん、これだけを見ると、とても農業には向かない土のようなイメージを受けますね。

でも、実際はこの特徴を活かした栽培をしている産地が数多くあります。

(メロンやスイカが有名ですね)

なぜか?

それはこれらの欠点とも言える特徴を、逆に利用して利点に変えてしまったんですね。

例えば、”水持ちが悪い”は”水はけが良い”でもあるんですよ。

”肥料持ちが悪い”も、言い方を変えれば”過剰害・障害が出にくい”となります。

要は、それぞれの土の性質を正しく捉えて、どんな作物・栽培方法が適しているのか、もしくは欠点をどう対策するのか、それをしっかり考えれば良いわけです。

欠点は利点でもある、全ては表裏一体、逆もまた真なりです(^^)

砂丘未熟土の改良

とは言っても、欠点を改善するのもまた手であります。

水持ち・肥料持ちを少し良くするのならば、やはり乳酸菌もみがらぼかしが適しています。

籾殻が、水分をしっかり保持してくれますからね。

そして、微生物もたっぷりいます。

砂の隙間にも活動範囲を広げてくれるでしょう。

そしてその微生物が砂に含まれるミネラル分を引き出してくれ、肥料持ちも改善します。

少ない水分と養分を求めて、深く広く根は張り、植物の生きるチカラをも引き出してくれます。

それぞれの土の性質を正しく見極めて、上手に活用していきましょう♪