/* adobe用確認コード */

警戒心の強い猫・暴れる猫を安全確実に捕まえる方法

2020年2月25日

ここ何年か、保護猫活動をしています。

野良の子猫や、訳あって育てられなくなった猫を一時的に預かり、里親探しをして橋渡しをする・・そんな活動です。

我が家でも元野良猫を5匹既に飼っており、その子達が結構新入り猫のお世話を甲斐甲斐しくしてくれるので助かっています(^^)

保護猫と先住猫
真ん中の3匹が今年の保護猫

逃げる猫を捕まえるのが大変

活動の中で、一番大変なのが猫を捕まえる事。

保護の時や病院に連れて行く場合など、警戒心の高い猫だと捕まえるのも大変です。

手ではまず捕まらないし、強く噛まれると雑菌が入り、結構危ない事になる場合も・・

私も、病院にいくハメになった事あります(^_^;)

そこで、安全・確実に捕まえる手段を考えてみました。

猫捕獲網をタモで代用する

大型の猫捕獲網を使うのが簡単です。

自作したり、専用の網も売っているようですが、残念ながら高価。

そこで代用できる物は無いかと、最初にホームセンターで探してみました。

・・が、せいぜいが大きめの昆虫採集用程度しか見つかりません。

そこで思いついたのが、魚釣り用のタモ。

大きな魚を釣ったときに、確実にすくい上げる為のタモならば、サイズも強度も間違い無さそうだと考え、すぐに釣具屋へ。

そこで見つけたのが、お値段的にもお手頃なコレでした。

ほぼ同様の製品が”ワンタッチネット”の商品名でたくさん出ています。
(↑リンクをクリックすれば、商品検索画面に飛びます)

店舗にて2000円弱で購入、ネット通販だと1000円以下でもありますね。

最大で187cm~最小115cmと、伸縮可能。

折り畳み式のタモを猫捕獲網に使う

さらには、持ち運び時には1m以下までコンパクトに折り畳めます。

猫捕獲網を折り畳んだところ

折り畳む都合なのでしょうが、先端が紐になっているので、猫に網を振り下ろした時に固いところで叩いてしまう危険も減らせます。

先端が紐なので、猫捕獲時に叩く危険が減る

似たような商品はいっぱいあるし、どこでも購入しやすいのもいいですね。

わざわざ猫捕獲網を自作するより、このようなタモで代用する方が簡単で安価です。

網で捕獲後は洗濯ネットに移す

この網で捕獲しても、そのままケージに移すのは難しいです。

タモで猫を捕獲(人形)
これは人形です(^_^;)

ここから一旦洗濯ネットに入れるのが良いでしょう。

網の先端が全部すっぽり入るような、1m四方ぐらいの大型洗濯ネットを使います。

この洗濯ネットの中に、網ごと猫を入れてしまいます。

洗濯ネットの中に猫(人形)を網ごと入れる

それから猫を捕獲網から洗濯ネット側へ移して、洗濯ネット側の入口をチャックで閉めてしまいましょう。

洗濯ネットが大きければ、捕獲網と猫が移った側を絞って隔離出来るので、逃がす心配も無く捕獲網をネットから取り出せます。

洗濯ネット側に猫(人形)を移してから隔離する

なお、これらの作業するときは、念の為革手袋をしておいた方が安心です。

洗濯ネットにさえ入ってしまえば、だいたい猫は大人しくなりますし、逃げられない。

そこからケージにネットごと入れてしまえば、移動も楽チンだし、病院なら診察時の手助けにもなります。

実際、うちで保護した子猫のうち、一番警戒心の強い子はこれで病院に連れていきました。

 

猫の為にも、なるべく傷つけず確実に捕獲出来るようにするのは大切です。

今回の記事は、猫を守る為にも紹介しました。

役に立つ方がいれば幸いです(^^)