もみがらぼかしの仕込み場に現れたのはアナグマ?

乳酸菌もみがらぼかしの仕込み後半、積み上げておいたもみがらの山が朝になると崩れている事が何日か続きました。

最初は何か自然現象かと思ったけど、どうも何か野生生物のしわざっぽい・・・

という事で、以前にも紹介した動物用の夜間屋外監視カメラ、トレイルカメラで証拠を抑えることに。

映った野生動物は?

数日トレイルカメラを配置した後、SDカードを回収。

動画を確認してみたところ、バッチリ映っていました!

どうやら、アナグマです。

  • 目の周りが黒い
  • 耳が小さく丸い
  • 尻尾が短く丸い

このあたりの特徴から判断しました。

どうやら、ぼかしに産み付けられた幼虫を食べにきているようです。

ぼかしの仕込み初期は、発酵の匂いも強く、様々な虫が寄ってきます。

ただ、発酵の熱で温度が60度近辺となり熱いのか、幼虫が地中に逃げていくんですよね。

多分それを食べにきているのでしょう。

別に虫を食べるのは構わないんですが、ぼかしの山を崩すのはやめてもらいたいものです・・