農業の師匠に電話する時、後から聞き直したい事も多いので、会話を録音したいんです。

(もちろん許可はもらってますよ)

ところが、iPhoneはアメリカ製なので、通話の録音はアメリカの法律的に基本NG。

アンドロイドとかは、録音アプリがあるんですがね。

調べたら、ICレコーダーを購入すれば出来るんですが、わざわざ買うのも嫌だし、iPhoneにはボイスメモという標準のレコーダーアプリもあります。

昔使ってたiPhoneも余ってたので、2台使えばなんとかなるかと、チャレンジしたらなんとかなりました(^^)

2種類やり方があり、特に片方は費用ゼロ・非常に簡単です。

以下、解説!(Yahoo知恵袋にも同様の記事がありますが、私の投稿です)

 

手段1(超お手軽版)
<録音に必要な機材>
  • 通話用電話(外部スピーカーに切替できれば何でもOK)
  • 録音用iPhone
<録音方法>
  1. 録音側のiPhoneでボイスメモを起動、録音開始
  2. 通話側の電話で、外部スピーカーに切り替えて通話

簡単でしょ?

録音側iPhoneの内蔵マイクで、音を全部拾って録音するだけです。

思ったより鮮明に録音できました。

 

手段2
<録音に必要な機材>
<録音方法>
  1. 録音用のiPhoneに、4極→3極変換ケーブルを挿す(4極のうち、マイクだけを分配できる)
  2. その先に、モノラルとステレオを変換するプラグを挿す(1で分配したマイクはステレオ。テレホンピックアップはモノラル専用なので、モノラルに変換)
  3. さらにテレホンピックアップを挿す
  4. 録音用iPhoneでボイスメモを起動、録音開始
  5. テレホンピックアップを耳に入れて、通話用電話で会話する

テレホンピックアップとは、イヤホン部分がマイクになっている商品。

耳に入る音を全て録音出来ます。(詳細は上のリンクからどうぞ)

 

手段1より鮮明に録音できますし、周りの余計な音も拾いにくい。

通話しながら他の作業もやりやすいかな。

 

ICレコーダーを買うより、よほど安く、お手軽に録音出来ました(^^)

ただ、変換に変換を重ねているので、カッチョ悪い・・

自作で一発変換ケーブル、作ってみようかな?