パイプ倉庫の強風対策を簡単・安価にやってみる

以前、畑の資材倉庫用として建てた、パイプ倉庫。

ビニールハウスの倉庫のような感じですが、台風レベルの強風がきた際に飛ばされては大変。

ただ倒れるだけならまだしも、周辺の家や施設に迷惑をかけるのは、絶対に駄目です。

そこで、強風対策をする事にしました。

どのように強風対策するか考える

栽培用のパイプハウス・ビニールハウスでは、それこそ様々な手段で強風対策をしているようです。

台風のあとで、よく倒壊したハウスの映像流れますものね・・・

大規模であるほど大掛かりな対策をするようですが、私のは小さなパイプ倉庫。

なるべく簡単に、誰でも、安く出来る方法を考えてみました。

重りを検討する

まずは単純に重りを設置して、それにハウスを固定すれば良いかと考えました。

では、重りをどうするか。

後からロープなどを結べる形状だと、沓石の羽子板付がまず思い当たります。

基礎用の石として使われる沓石。

石の上に木材を置いて、固定する用の板がついている訳ですが、いくつかの理由からコレはやめました。

大型にするほど縦長になる・個数を揃えると高価な事・羽子板が薄くて結ぶとロープが切れそうな事・・・です。

そこで、重りは自作する事に。

重りを自作する

まずは、重量ブロックを使って加工します。

基本型の15cmという規格の重量ブロックを4個購入。(1個で14kg程)

ホームセンターで、確か1個200円もしなかったと思います。

これに、ロープを固定する用の金具を埋め込みます。

丸型ロープ止めという、地面に刺してロープを固定する用の杭が安く売っていました。

メガネ杭とも呼ばれていて、確か300円ぐらいとこれも安価でした。

重量ブロックと丸型ロープ止め

このロープ止めを重量ブロックの真ん中に刺し、インスタントモルタルで埋めていきます。

その時、重量ブロックの上下には気を使いました。

パッと見で同じに見えますが、様々な事情で穴は台形になっています。

コンクリートブロック断面図
断面図・極端に描けばこんな感じ

先程の写真を見ても、上のブロックと下のブロックでは、穴の大きさが違うのがわかります。

上からモルタルを流し込むなら、本来は広い方を上にしたほうが良いですが、万が一にも杭が抜けないよう、今回は狭い方を上としました。 (モルタルごとスポンと抜けなくなる)

重量ブロックに丸型ロープ止めを刺し、インスタントモルタルで埋める

杭は少し斜めにして、片側に寄せています。理由は後述。

なお、モルタルを流し込む時は、重量ブロックを事前に濡らしておいた方がより密着します。

重量ブロックに丸型ロープ止めをモルタルで固定

今回は4個作りました。

合計2000円程です(インスタントモルタルは持っていたので計上してない)

重りを埋める

完成した重りを、パイプ倉庫の前後に設置します。

土の上に置くだけでも良いのですが、邪魔になるのと、より強風対策になるかと、土中に埋める事にしました。

重量ブロック製の重りを土中に埋める

ロープ止めの丸型部だけが地上に出るよう、結構深く掘ります。

沓石で同じことをやると、縦長なので相当深く掘らねばならぬと思い、採用しませんでした。

重量ブロック製の重りを土中に埋める2

また、ブロックはなるべくパイプ倉庫の内側に入るようにし、丸型部がだいたいビニールのすぐ外側になる位置に埋めました。

理由は、パイプ倉庫の外周ぐるっと溝を掘り、雨水対策をしているから。

その溝に干渉しないよう、あえてロープ止めを斜めに・穴の端に固定したのです。

重量ブロック製の重りを土中に埋め終えたところ

埋め戻して、ロープを止めるところだけ地表に出ています。パッと見は、杭を刺しただけにも見えますね。

これをパイプ倉庫の四隅に設置しましょう。

マイカ線とクルクルバンドでハウスを固定する

最後に、重り同士を結んでパイプ倉庫を固定します。

使うのは、ビニールハウスを固定するのに最も使われているマイカ線。

マイカ線は商品名なので、ハウスバンドが一般的な名称なのかな?

結びやすく・解けにくく・ビニールを傷つけないように作られています。

様々なサイズがありますが、幅15mmを購入しました。

これをまず片方の重りに結びます。

マイカ線を結ぶ

マイカ線の結び方を調べながら、正しく結んでいきます。

片側を結び終えたら、反対側はクルクルバンドという資材で、しっかりテンションを掛けてマイカ線を張ります。

マイカ線をクルクルバンドで引っ張る

ゆるゆるだと意味がないので、しっかり張ります。

また、時間が経つと緩む事もあるようなので、定期的に張り直すようにします。

前後両方を張り終えたら、完成!

これで簡単には飛ばないと思いますが、念を入れてあと2箇所か4箇所重りを増やし、斜めにもバンドを張りたいですね。