順調すぎるぐらいに成長しているニンニク。

植え付けから20日目の状態です。

これを撮影した時点で、雨がしばらく降っていませんでした。

ニンニクは、加湿も乾燥も嫌う植物です。

あまり乾きすぎても良くない。

必要ならば、潅水(水やり)をしなくてはいけません。

という事で、土の中を確認です!

写真ではわかりにくいですが、土の表面は乾いていても、中はしっとりしています。

こういう時は、潅水不要ですね。

水分のある下の方へ、根っこが頑張って伸びていく事でしょう。

今度は湿っているあたりを、ギュッと握ってみます。

固まるし、指で押せば軽くバラける程度。

水分がある証拠です。

このように、乾いているのか、潅水が必要かどうかは、土の表面だけではわかりにくいんです。

掘って中を確かめてみる、それも大事な事です。

ただ、やはりこれをするには、マルチがあってはやれません。

私がマルチを使わない理由の一つでもありますね(^^)