放置茶園の抜根記、その3です。

鍬で抜いてダメ。

チェーンブロック使っても時間掛かりすぎ。

という事で、もう重機に頼る事にしました。

静岡はお茶処ですので、お茶の抜根を請け負う会社は色々ありそうだと、ネット検索。

計4社に見積もりをお願いして、暇な時でいいなら安くするよという造園業者に依頼しました。

まぁ、2ケ月ほど待つことにはなりましたが、結構安くやってくれました。

 

こんな重機で、株を掴んでは引っこ抜き、掴んでは引っこ抜き、どんどん進みます!

やっぱり、パワーが違いますね(^^)

ユンボとかの重機、欲しいなぁ。

 

引っこ抜いた草木は、トラックに積んで運ばれていきます。

見積もりしてもらったのが春先。

抜いたのが夏だったので、ずいぶん草木が伸びてしまい、業者の想定より運搬量が多かったそう(^_^;)

でも、最初に約束した金額でやってくれました。

 

抜いてみてわかった事。

案外傾斜が強かった・・・

 

すっかりキレイになりました!

でも、まだまだ地面の中には、抜ききれなかった根っこが眠ってますので、ここから先は、鍬で掘り起こしていきます。

それに、傾斜地だから段々畑みたいにしないといけないでしょうね。

何にせよ、ワクワクします(^^)

さて、次からは開墾記と植え付けに向けての栽培記かな?