雨樋(たてとい)の破損をDIYで修理する

子供達が、自転車で遊んでいる時にぶつけて壊してしまった雨樋・・

割れたたてとい

業者に頼んで修理しても良いですが、DIYerとしては自分で直したいところ。

むしろワクワクしてくるってもんです♪

雨樋の名称

一口に雨樋と言っても、場所と形状によって様々な名称があります。

  • 軒樋(のきとい):雨樋と言えばまず思いつく物。屋根からの雨を集める役目
  • 竪樋(たてとい):縦樋・たてどいとも。軒樋で集めた雨水を地面まで下ろす縦型の雨樋
  • 集水器:軒樋と竪樋を繋ぐ部品  などなど

雨樋の形状によっても、溝形・管型・鎖型・箱樋など、まぁ様々です。

今回壊れたのは、角形状のたてとい。

パナソニックのS30というシリーズです。

最も一般的なのは、丸形状のたてといでしょう。

ホームセンターでも、ほとんどが丸形でした。

たてといの修理方法

軒樋の修理方法は調べればいくらでも出てきたのですが、たてといの情報が少ないですね。

自分なりに色々と調べてみました。

補修テープで簡易的に直す

壊れた部分が小さくて、最も簡単に補修するなら、補修テープを使う手もあります。

でも、今回みたいにガッツリ割れている場合は無理。ちゃんと部材を使って直しましょう。

破損部分を切断する

まずは破損部分を切断します。

切った部分は、継手の中に隠れるので、ある程度荒くても問題は無いです。

でも、今回は丁寧に切りました。

木工で使っている、木材を真っ直ぐに切る為の治具、「ソーガイド」を使いました。

薄刃のノコギリもセットで、直角や45度の切断がキレイに出来るスグレモノ。

これを使って真っ直ぐに切り落とします。

切断の例

まぁ、これが無くても、普通のノコギリで十分切れます。

なるべく刃が細かい方が、切りやすいとは思います。

通常の継手で部分補修は出来るのか?

続いて、切り落とした部分を新たに購入した竪樋で繋ぎます。

最初は、たてといの部材と継ぎ手を2個買えば良いと思ってました。

割れたところを切って、入れ替える感じですね。

でも、よく考えると部分修理の場合はこれではダメ。

たてといの修理。普通の継ぎ手では修理不可

新築時は、上から順番に繋いでいくので良いのですが、破損した一部だけを取り替える時は、通常の継ぎ手は使えません。

伸縮たて継手を使って補修する

という事で調べてみると、こういう時には伸縮たて継手という部材を使うようです。

パナソニックの雨樋ではこの名称ですが、他には「やりとり継手」・「やりとりソケット」・「伸縮ソケット」という名称もあるようです。

本来は、温度変化で膨張したり縮んだりした時に、たてといが壊れないよう変位を吸収する為の部材のようですが、一部破損の時の修理にも使えると、メーカー説明書にも記載されていました。

この伸縮ソケット、要するに伸び縮みするストローと一緒の構造です。

伸縮たて継手の使い方

わかりやすいよう、動画もUPしておきましょうか。

この伸縮する長さは、約120mm。

まぁだいたい半分程は入れ込むとすれば、たてとい部の長さは切った部分から70mmほど短くしておけばいいでしょう。

あまり短いと伸縮継手から出てしまいますし、長すぎると切断した部分に入りません。

伸縮たて継手を使う場合の部材の切り方

最後に、元のたてといに継手を差し込む時は専用の接着剤を使います。

上の継手だけ接着剤を使い、下の伸縮たて継手は接着不要です。

せっかく伸び縮みしますからね。

これで修理完了です!

修理の終わったたてとい

 

直ってスッキリ!これでまたDIY経験値が上がりました♪

いつまた壊れても、どんとこいです(^^)